ラベンダーパーク多可にて

毎年この時期に声をかけて下さる、ラベンダーパーク多可にて

今年もオリジナル物語と音楽のパフォーマンスグループ「音戯工房」で

公演をさせてもらいました。

ラベンダーパーク多可をイメージして書いた「紫の香りにつつまれて」

 音戯工房http://otogi-factory.crap.jp/

ラベンダーの香りで眠りについた少女が平安時代にタイムスリップするという物語を

相方の香月真紀が書き、絵はAYAちゃん、音楽は福岡陽子で製作しました。

去年に引き続き、ゲストに津軽三味線奏者の野崎竹勇雅さんを向かえ

大自然の中で、気持ちよく公演させて頂きました

ライブが終了してからは、いつものように園内を散策へ♪

ラベンダーのアロマオイルでマッサージ中の竹勇雅さん

あ、隣で勿論私もマッサージされてますよ(^o^)

   ラベンダーを摘んだり      

ラベンダーソーダを飲んだり

  たまごかけご飯食べたり   

ここの「ごはん亭」全国の美味しい醤油が並べてある棚があって、

たまごとご飯が食べ放題なので、おかわりするごとに違う醤油で味わえちゃいます。

       

しかし!!たまごかけご飯は、そう何杯もおかわりできません(^^;;

二杯くらいでお腹がパンパン!!

続きはまた来年・・・ということで♪

また呼んでくれたら嬉しいなo(^-^)o

最後に・・・

ラベンダー少女に見えるように、遠くから撮影してもらいました

カテゴリー : ライブ活動, 絵本音楽会

Leave a Reply

CAPTCHA


トラックバックURL: https://mezzopiano-music.com/archives/904/trackback