さくらメゾピアノのリトミック

教室紹介

リトミック教室

《いちごの会》鳴尾東公民館 月三回月曜日 講師:福岡陽子

《メゾピアノ》学文公民館 月三回火曜日 講師:福岡陽子    

《さくらリトミックくらぶ》南甲子園 月三回木曜日 講師:岩岡志麻 

《おひさまくらぶ》深江南福祉センター 月三回金曜日 講師:福岡陽子

幼稚園児さんのピアノグループレッスン

《プチピアノ》二番町ハウス 月三回水曜日13:15~ 14:20~ 月三回土曜日13:30~

講師:福岡陽子 あおいみな

年齢別クラス☆ 

ピアニシモクラス : 一人歩き~二歳児さん

メゾピアノクラス : 三歳児さん

プチピアノクラス 四歳児さん~五歳児さんまで、音楽遊びから、ピアノの初歩的なことを遊びながら学んでください♪♪

講師:福岡陽子Facebook https://www.facebook.com/mezzopiano.music

インスタグラム https://www.instagram.com/yoko_mi_ko/

Twitter https://twitter.com/yokof2

☆詳しくはメールにてお問い合わせくださいね

https://mezzopiano-music.com/contact

リトミックとは

19世紀の末から20世紀初頭にかけて、スイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミールジャックダルクローズが開発した音楽教育の手法を言い、「ダルクローズ音楽教育法」とも言われています。

 

当時、国語や美術、体育、音楽の教育を訓練、調教ではなく、子ども本人が自ら進んで学び、その感覚を体感的に身に着けていくための情操教育、芸術教育が叫ばれ、

 

ダルクローズは、そのために楽器の演奏訓練を早期から闇雲にやらせるのではなく、音を聞き、それを感じ、理解し、その上で楽器に触ってみる、音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさを身体全体で味わわせ、その喜びの中で、音を出し、奏で、そこから旋律を作っていくことへの興味と音感を育んでいこうとしました。

 

さくらメゾピアノの音楽活動理念

 ダルクローズのリトミックはもちろん、この当時盛んだった情操教育を手本にし、

 参加して下さる子どもさんだけでなく、親御さんにとっても「心が動く」活動になるように、

独自のカリキュラムを組んでいます。

 

レッスンを受けにくる・・・のではなく、是非私達に会いに来てください。

そして「楽しい」を共有してもらえたらと思います。

 

《大切な「認められる」経験。人と人とのつながり》

 

子どもにとって、親はもちろん、先生であれ、友達のお母さんであれ、自分を認めてくれて、

愛される経験が多いほど、それぞれの個性が存分に発揮でき、大人になるにつれて枝葉をつけていくものです。

 

お母さんを安全基地にしながら、さくらメゾピアノに参加してくれた子どもたちは、たくさんの経験をお友達と一緒に重ねていきます。

 

それが子ども達にとって、心地よい経験になるように。

 

友達と何かをするのって楽しい。先生といてたら面白い。

 

人と人が繋がるのは「とても幸せ」なことだ。

 

さくらメゾピアノに参加してくれた子どもたちに、そんなふうに感じてもらえることが、

私たちの一番の活動目的です

講師紹介

福岡陽子

幼少の頃から、ピアノ、エレクトーンを学び、18歳の頃より、ブライダルやイベント等のプロ奏者となる。

ジャズピアニストの橋本有津子氏に師事。

自身のバンドや、スタジオミュージシャンとして、多数のレコーディングやコンサート、ライブに参加。

主に関西圏で活躍中。

リトミックの要素を取り入れた、子ども向けのリトミックコンサートも人気で、子どもから大人まで、多く支持されている。

リトミック講師。ピアノ講師。

音楽事務所、さくらメゾピアノmusic代表

ブログ

https://ameblo.jp/mezopiano-music/

Facebook

https://www.facebook.com/mezzopiano.music