11月のライブ活動

今月もあちこちのお店でお世話になりました☆☆

一期一会で、その時その時のご縁を大切にしたいです(*^^*)

 

 

11/9(金)    阪神西宮駅前 GALWAY  http://pubgalway.jimdo.com/

アルトサックス&ボーカル 玉ちゃんと、私、福岡陽子のピアノのデュオ「咲rush!」が

またまたゴールウェイさんで、お世話になりました。

が!!

なんとこの日は、玉ちゃんの緊急残業!?

そうです・・・会社員でミュージシャンの玉ちゃんは昼間は普通のOL(普通じゃないかもしれないが(^^;;)

会社で何やらややこしいことになってしまったようで

本番に間に合わないかも!?・・・って連絡が入りましたが

すでにお客様も来店されていて、

今更「出来ないです(ToT)」とはいえません。

急いで頼れる二人に電話する私・・・

二人とは、近所に住む三味線奏者の野崎竹勇雅師匠と

サックス講師で奏者の湯出口泰子さん。

この二人とは、 「ture-zure」というトリオで活動させていただいてるのですが、

忙しい中、緊急事態にパッ!!と対応してくれて、

ゴールウェイに駆けつけてくれたのです(ToT)/

思いもよらず、ゴールウェイでの初ture-zureライブになりましたが

次回はブッキングで、きちんと出演させてもらいたいです。

 

少し遅れたけれど、玉ちゃんとの「咲rush!」もその後、演奏できました☆

ホンマごめんね~と、 張り切って歌う玉ちゃん(^o^)

ture-zureでの演奏、咲rush!での演奏、結果的に私にとって

とても贅沢な夜になりました☆

ゴールウェイのマスター昇さん、お客様、バタバタドキドキさせて

すみませんでしたm(_ _)m

 

その翌日・・・

11/10(土)は、心斎橋アメリカ村の「ロージー」にて

大好きなシンガーソングライターのビソーさんhttp://biso-world.com/ のイベント

『ビソー劇場』に出演させてもらいました♪

 ビソーさんとは、ビートルズをセッションさせてもらいましたが

私たちの楽しそうなこと(^O^)♪

なので、きっとお客様も楽しんでもらえていたと信じております・・・

それから、こんな楽しい方も共演でした。

 ののるちゃん♪

ギター叩いたりするパフォーマンスは時々見るけれど

ののるちゃん、ギターを舌で弾いてました(;o;)早い話が舐めてました(;o;)

一年に一度くらいでいい・・・コソッと遠くから見てみたい・・・(^^)

そんなののるちゃんの濃いステージも、楽しませてもらった「ビソー劇場」でした♪

 

11月13日火曜日

いつもお世話になっている三味線奏者の野崎竹勇雅師匠と

南京玉すだれ芸人でウクレレ奏者の舟貝さんとで

豊中にある老人ホーム「アクティブライフ」さんでコンサートをさせて頂きました。

左から福岡陽子 舟貝さん 竹勇雅さん

私は久しぶりにソロピアノで、愛の賛歌や枯葉などを演奏させてもらいました。

舟貝さんのウクレレコーナーでは、踊れ!!と言われ(^^;;

数年前にハワイ旅行中に体験した「フラみたいなダンス」をやっちゃいました(><;;

穏やかなホームの昼下がり♪たくさんの笑顔に出会えて

私も幸せでした(*^^*)

 

11月25日日曜日

先ほどご紹介した津軽三味線バンド「ture-zure」が

西宮北口のRJにて、初のブッキングライブをさせて頂きました

西宮北口RJhttp://home.att.ne.jp/iota/RJ-BME/

津軽三味線 野崎竹勇雅 アルトサックス 湯出口泰子  ピアノ 福岡陽子

RJは、良い音楽は勿論、マスターの料理が何を食べても美味しくて

私も皆様に「ライブに来てね!食べて聞いて楽しんで♪」と自信をもって

お薦めしたいライブバーです。

共演させていただいた、ココトワさんとは、

実は数年前に出会っておりまして、

ハーベストの丘の観覧車に乗ったとき、あまりにも心地の良い音楽が外から聞こえてきたので

下を見下ろすと、民族楽器のような打楽器と、ギターボーカルの女性が

ライブをされていて・・・

そのまま駆け寄り、「素敵です♪」と話しかけてしまった記憶があります。

リハーサルのときに、その記憶がよみがえり

ボーカルのミカさんにお話したところ、

なんとバッチリ覚えていてくれたではありませんか(*^^*)

ここのところ慌しくて、せかせかしていた私ですが

ココトワさんの音楽に癒され、うっとりしてしまいました。

 

 

それなのに・・・

写真撮り忘れるなんて(ToT)

 

またどこかでご一緒できますように(ToT)

 

カテゴリー : さくらリトミックくらぶ, ライブ活動

Leave a Reply

トラックバックURL: http://mezzopiano-music.com/archives/1225/trackback